スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人魚の姫 童話集Ⅰ

2009年12月20日 23:22

アンデルセン』著 矢崎源九郎 訳 新潮文庫 259ページ

寒過ぎて、パソコンデスクの前に座るのが億劫だわぁ…。
本は読んでるんですが…更新頻度が遅くてすいません。

12月はクリスマスも迎えるという事で、優しくなれる本が読みたくなりますね。
…と言っても、アンデルセンの童話は悲しい結末の方が多いですが…。

いわずと知れた人魚姫。子供向けの本で誰でも読んでいる作品ですが、
実際今読んでみても、ちょっと涙ぐんでしまうほど悲しい話です。
あらすじは、いまさら紹介する必要もないですね。
私が読んだ新潮のは、最後に泡になって終わるのではなくて、
人間の魂を手に入れるために、空気の精として生まれ変わるという結末でした。

この本には、全部で16話が収録されています。
・すずの兵隊さん    ・ナイチンゲール
・のろまのハンス    ・イーダちゃんのお花
・モミの木         ・雪だるま
・アヒルの庭で      ・人形つかい
・幸福な一家       ・ペンとインキつぼ
・ほんとにそのとおり!  ・いいなずけ
・わるい王さま(伝説)  ・眠りの精
・アンエ・リスペット   ・人魚の姫

タイトルから分かりますが、人間が主人公でないもののほうが多いです。
ツリーや雪だるまなど、季節もので、人に忘れられてゆくものなど、
それらの視点から見れば、悲しい定めな事に気が付きます。

アンデルセンは、そういった悲しい物語を、ラストに救うことなく、
「そういうものなのです」と半ば諦めのような結末で描く。
読み終えた後に、幸せになった物語はほとんどなかったので、なんでかなぁと思ったのですが、
もともと貧しい家の生まれで、失恋も何度か経験していた…という作者の生い立ちを読んだときに、
なるほどなぁ~と思いました。アンデルセンが信心深い印象を受けるのも、
「死んで天国に行く」、「現世はつらい事ばかり」という所へ行き着く前提なのか。

ユーモアに関しては、小説ならではの醍醐味でした。
本文一ページ目の「すずの兵隊さん」の書き出しから印象的。

「あるところに、二十五人のすずの兵隊さんがいました。
 この兵隊さんたちは、みんな兄弟でした。
 なぜって、みんなは、一本の古いすずのさじをとかして作られていましたから」

児童書では省かれてしまうような比喩や揶揄が、盛りだくさんで楽しめました。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

絵のない絵本

2008年04月07日 22:29

『ハンス・クリスチャン・アンデルセン』著 大畑 末吉 訳 岩波文庫 111ページ

絵のない絵本…開いてみたら、絵があった…。
ちょっとびっくり(笑)。

ある少年は友達がいませんでした。せせこましい小路に住んでいて、
窓から見えるのもといえば、灰色の煙突ばかり。
ふと、ある時、悲しげな気持ちで窓から顔を出すと、懐かしい友達が現れました。

「これから、毎日短い時間ではあるけれど、きっとあなたの窓を覗いていくことにするよ。
そして、色々なお話を聞かせてあげよう。それを絵に描いていくがいいよ」

懐かしい友達はそう約束してくれました。それはお月さまだったのです。
次の晩から、雲の出ている日は別にして、友達は約束を守って沢山の話をしてくれました。

これは、月が語った物語の一つです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある熊使いが、熊を宿屋の下につないでおきました。
一度だって人に危害を加えたことのない、やさしい熊でした。

年端もいかない少年たちが三人、屋根裏部屋で遊んでいました。
そこへ、バタンバタンと音がして何かが登ってきます。
一体何でしょう?それはなんと、その熊でした。

少年たちは部屋の隅っこで縮こまりました。
熊は鼻をクンクンさせて、匂いを嗅いだだけでした。
少年たちは、これは大きな犬のようなものなんだ、と安心しました。

少年たちは熊を仲間にして遊び始めました。
隊列を組んで、おいっちに、おいっちに。
そこへ、三人の母親が部屋に入ってきました。
その驚いた顔と言ったらありません。真っ青になりました。

一人の少年がすかさず言いました。
「僕たちね、兵隊ごっこをしているんだよ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「旅することは、生きることである」
楽しい物語、悲しい物語、不思議な物語、国は方々へ移り替わり、
月が話してくれる物語は、旅を愛したアンデルセンの、人生そのもののような気がします。

ちょっとニュアンスの伝わりきらない物語もありますが、翻訳の難しいところと言えるでしょう。
絵のない絵本と言っても、影絵がたくさん掲載されているので、雰囲気だけでも楽しめます。

ちょっと非現実的な、ロマンチックさに惹かれてみたい時は、アンデルセンを手に取ってみては…?


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。