スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の一生

2008年08月10日 23:06

『ギ・ド・モーパッサン』著 新庄 嘉章 訳 新潮文庫 364ページ

修道院で教育を受けた純潔な貴族の少女ジャンヌ。
寄宿舎を出て、これから幸福と希望に満ちた結婚生活に入ることになる。
抑制されていた自由の爆発。うぶで世間知らずの少女は、その危うさに気がつくことなどなく。

彼女は外の世界で恋を経験し、結婚する。
しかし、夫は獣性を表し、妻を裏切り、さらに最愛の息子までも彼女を裏切る。
夢が一つずつ崩れ、暗い孤独と悲観主義がその人生に覆いかかる。
私たちは最後の最後までそれでも救いを期待してしまうのだ。

夢想だけで失神を誘うような少女を描き、純粋さを強調するモーパッサン。
彼女があまりに脆く成長したのは、父親のエゴであったろうし、生まれ持った純粋さでもあっただろう。
「これは私の太陽だ!私の夜明けだ!私の生活の始まりだ!私の希望の門出だ!」
歓喜の門出で興奮するジャンヌ。絶望との対比が激しく、読む側が心を痛める。
作者は人間のエゴや愚かさを何気ない行動から沢山引き出し、読む側にそれをストレートに訴える。

幸せな生活をしていたら、その水準の生活から落ちたり、愛されなくなったりすることに、人は耐えられない。
なぜなら、これ以上のものがあると知ってしまっているからだ。
ジャンヌは両親の愛に恵まれていた。恋人にも途中までは恵まれていた。
悲しみや苦しみを解決してくれるのは時間であり、思い出を美しくしてくれるのも時間である。
年老いて、絶望を味わいつくした時に、彼女は年寄りが昔の思い出にふけるように、その時を思い出していた。

ジャンヌにはおよそ世の中の幸せというものを経験した事もなく、誰からも愛されることのなかったリゾン叔母さんという親戚がいた。
夫と幸せだったとき、ジャンヌは一度だけリゾン叔母を笑ったことがある。
今は自分が笑われているのではないのか。そんなさりげない伏線もするどい。

彼女には息子が生まれるが、狂熱的な愛し方で息子を育て始める。
絶望を味わった人間は、「もう私にはこれしか残されていない」と思いがちである。
確実に信じられるものだけを探し出し、それに没頭する。
しかし、そこから生まれるエゴもまた、負の連鎖の一部にすぎない。
そんな事を、誰が気がつくのだろうか…。

例えば子離れのできない母親がいたとして、息子が恋人と遊びに行く事を聞いて、
「もう、大人だからね」と思えるか、「裏切られた」と思うかは、極端に言ってしまえば、
愛すれば愛するほど、裏切られたと感じてしまう、ハリネズミのジレンマだ。
まさにジャンヌは後者だった。夫の裏切りを受けて、傷ついた心が求めたのは息子の独占だった。

この作品、最後まで救いがないのかどうか、本当に心配しながら読みました。
胸が重くなるような感覚を覚えながら、読み進めていくうちに、やっと見えてきた答えがありました。
人を落とすのは人であるが、人を救うのも人である。
人生に期待しすぎず、落胆しすぎないこと。

どんなに絶望を味わって、自分という人間が変わってしまっても、変わらないものがある。
それはいつも変わらず感動を提供し続けてくれている。
すなわち、美しい自然に身を震わせ、生き物を愛で、空の青さに感動することだ。

モーパッサンは、それを文章としてはっきり示唆していない。
けれど、「空のよく晴れわたった日には、人間はどうして希望を持たずにいられようか?」と作品中で述べているように、
そのことを伝えるために、自然の美しさを文章に極めて多く取り入れたのではなかったか。

読者は主人公のヒロインと一緒に救われる。
ジャンヌは決して最後に幸せになる訳ではないが、また希望を持って生きていけることだろう。
いい作品でした。名作だと思います。これだから海外文学はやめられない。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

脂肪の塊

2008年07月28日 22:59

『ギ・ド・モーパッサン』著 水野 亮 訳 岩波文庫 93ページ

モーパッサンの処女作。長編の「女の一生」を読む前に、こちらから手始めに読んでみました。
短編ながらも、人間のエゴイズムを強烈に見せつけられる作品で、質の高い小説だと思います。

時代はモーパッサンの生きた普仏戦争時代。
プロイセン(のちのドイツ)とフランスの戦いは、プロイセン側が勝利し、
この小説の舞台となったのは、おそらく戦後フランスを占領下に置いていた時代。

フランスのブルジョア階級の夫婦3組と、修道女2名、
民主主義で革命家のコルニュデ、そしてあだ名が「脂肪の塊」という太った娼婦が一人。
この10人がル・アーヴルまでの乗合馬車に乗っている人たちだった。

娼婦と上流階級と尼僧。すごい組み合わせで、最初から異様な雰囲気が想像できる。
馬車の中には軽蔑の眼差しが交わされただろう。何故かこういった場面に出くわすと、
人間は自分より劣っていると考えられる人種(それも間違いなのだが)と、
よりその差を拡げたいと考えるようで、上流階級の婦人連は、3人すぐに打ち解けたようだった。

雪のさなか、のろのろと進んでいく馬車。
予想に反して次の街に着かず、全員が空腹を覚えた時、娼婦がおもむろに食事を始めた。
他に誰も食べ物は持っていない。何かしら気になる視線を覚えたのか、娼婦は全員に食料を振舞う。
瞬く間に無くなってしまった食事だったけれど、それを機に娼婦は会話の輪に入り、馬車の中は打ち解けたようだった。

やっと夜、街に着いた馬車は、ドイツ士官の検査を受ける。
占領されているフランス側にとっては、緊張の一瞬だったが、特に問題もなく宿泊は許可された。
その日の晩、娼婦はドイツ士官の呼び出しを受ける…。

次の朝、馬車は出発できずにいた。
その理由はドイツ士官の気まぐれから来たものだった。
つまり、娼婦に情交の相手を迫ったけれど、いわば占領軍側の将校と関係を持つ事を彼女は拒み、
それが原因で、相手を務めるまでは馬車の出発はさせないという腹だった。

一度は愛想よくした馬車の面々は、それを知るに及んで…。

教養がつくほど、人間は自分の手を汚さずに、思う方向へ物事を運びたがるのだ。
娼婦に対して、「結果がすばらしいのであれば、手段がどれほど罪深くても許される」と、
遠巻きに話を進めていく人間たち。
娼婦は悩んだ。気分が悪くなった。しかし、決意した。

反吐が出るほど、モーパッサンの描く人間模様は容赦がない。
人間観察がかなり鋭い。イライラするが、完成度には感服する。
とても処女作とは思えない。「女の一生」も期待できそうな予感がします。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。