スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉蒲団 下

2008年12月11日 00:25

『李笠翁』著 足利 光彦 訳 富士見ロマン文庫 247ページ

テーマ月間に引き続いて肉蒲団の下巻の紹介。
上巻参照→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-246.html

輪をかけたエロティックさ。上巻を読んでた時は、そういう本ばかり読んでたせいか、
そうは思わなかったけれど、改めて読んでみるとやっぱりエロいわ、これは。

第二の妻を得た未央生は、またしても一人の女性では物足りなく、さらなる楽しみを求めていたのでした。
やがて願いは叶い、三人の美女と、一人の熟女で乱痴気騒ぎをするようになります。
乱交というにふさわしい有様で、前半夜はあっちの女、後半からはそちらの女、
時には「串」の字を描いて楽しんで…という具合に、自慢のナニは大活躍。

さて、もともと自分の正妻が郷里にいる未央生でしたが、
その妻の玉香は、夫に性の歓びを教えてもらってからというもの、
一人寝の夜に欲情を持て余していたのでした。
そこに現れたのが権老実という男。実は前に未央生に妻を横取りされた男で、
仕返しとばかりに未央生の妻を犯してやろうとやってきたのでした。

家の雇人としてまんまと玉香に近づいた権老実でしたが、もともと女の方が
欲望をため込んでいたものですから、あっけなく落とすことができました。
もともとナニがデカくて精力絶倫の男でしたから、玉香はたちまちこの男が気にってしまいます。

権老実は最後には玉香を売春宿へ売ってしまうのですが、もともと容姿が極めて
美しかった玉香のこと、たちまち超売れっ子になってしまったいます。

遠い地で、その有名な売れっ子娼婦の噂を聞いた未央生は、
やっぱりこの女を抱きたいがために都に上ります。それが自分の妻とも知らずに…。

この話、面白く読めるだけではなくて、自分の犯した罪は必ず報いが来るというテーマを含んでいます。
ただ、教訓を垂れるのに読み手に興味を持ってもらえる本にする必要があり、
そのためこんなエロティック要素が強い作品にしたのだとか。

ただ、内容がエロいだけではなく、言葉も美しい。例えば、
「別の洞窟の水は、本来の水にはかなわない」
(性交の際、唾で入口を潤すよりも、本来の女性の愛液の方がいいという意味)。

またこの小説は第二十回から成り、その副題が面白い。
第十四回 「夫婦の楽しみを立ち聞きした玉香お嬢さんは
       入浴場面を演出して男の気を引きます」

冷静に見たら、登場人物たちの行動はどれも滑稽なものばかり。
最後の戒めのくくりでは、その滑稽さに気がつくよう仕向けてあるのは、
やはりただの官能小説と一線を画す作品といえるでしょう。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

肉蒲団 上

2008年11月28日 20:55

『李笠翁』著 足利 光彦 訳 富士見ロマン文庫 246ページ

本を買うときよく利用するのがAmazon。小説を購入するのに、18歳以上警告が出たのは今回初めて。
そんなにエロいかなあ…?そうは思わないけど…。

あの魯迅も絶賛したという作品。
中国の4大奇書といえば、「三国志演義」「水滸伝」「西遊記」「金瓶梅」がありますが、
その中の「金瓶梅」といえば、ちょっとエッチで有名。この「肉蒲団」は、「金瓶梅」と並んで称される。

絶世の美女を妻に娶った未央生(ミオウセイ)は、それだけでは満足できず、
さらに多くの女と情交を結ぶべく、放浪の旅に出る。

まったくこの若者の姿の見事さや、立ち居振る舞いの水際だった様子、
その目や口や鼻や耳や肌や手や、足のすぐれた点を一つ一つ挙げていったら、
何十篇の詩が作れ、何百篇もの賛嘆の文が書けるありさま。
もともとこのような容姿に恵まれ、才知豊かであったため、未央生は自分にかなりの自信を持っていた。
しかし、ひとつだけ決定的な欠点があった。

「ナニが小さかった」のだ。

盗賊の兄貴分、賽崑崙と手を組んで女を手に入れようとするも、
「お前の持ちものじゃ、女を奪うには貧相すぎる」と言われてショックを受ける。
そこで術師に頼んでナニを大きくすることにしたのだが、その方法というのが
イチモツに四つの切り込みを入れて、犬のナニを移植するという壮絶なもの。

しかし、未央生の好色魂はそんなことをもろともしない。
「ああ、先生、そのようにしていただけましたら、本当に生まれ変わったようなものでございます!」

手術後は、あまりにでかくなるため、処女を抱くと殺してしまいかねないほどになるという。
期待に胸をわくわくさせ、今日で小さいナニとはおさらばとばかりに、
おつきの少年の後庭も楽しんで、さあ、いざ手術である。

何倍ものでかさに生まれ変わったイチモツをぶら下げ、ついにお目当ての美女、艶芳と結ばれる。
艶芳は夫のいる身だったが、ついに夫もその妻を差し出すことにし、晴れて二人は公然と愛を交わすようになるのだった。

ところどころに、性描写があるもの、中国というのはいやらしい単語をうまい具合に
雅な言葉に置き換えて語るもんだから、妙に艶やかになる。
男性にはなかなか楽しめる本じゃないかな…。

実はこのエッチな描写も、実は作者が作品を通して訴えたいことがあるため書かれている。
四大奇書に並ぶ評価を受けているのだから、当然と言えば当然で、ただのエロ本ではない。
しかし、この話は下巻での紹介にて。。。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。