スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獄中記

2009年10月06日 23:25

オスカー・ワイルド』著 田部 重治 訳 角川文庫ソフィア 117ページ

今回は「獄中記」読んでみましたが、私にどこまで理解できたのやら甚だ疑問…(笑)。
「同性愛の恋人にあてた未練の手紙」という感想をよく見かけますが、
うーん、そうでしょうか。それだけで片付く作品では無いと思うんですが。

医者であり考古学者でもあった父と、作家の母との間に生まれたオスカー。
生まれながらにしてエリート芸術家だったんですね。
大学では優秀な成績を修め、ロンドンに出てからというものは、
学生時代に影響を受けた唯美主義を体現するかのような生活を送る。

いわゆる唯美主義は、「美しさの追求が人生の目的」ということ。
「ドリアン・グレイの画像」なんかを読んでると、この人は本当に「美しく生きる」という事に、
すごい情熱を燃やしてたんだろうなぁと思う。反面、ドリアン・グレイが最後にスゴイ結末を迎えるのは何故か。
ここら辺の矛盾、美しさの儚さっていうのはワイルド自身気が付いていたはずだと思うのに…。

「獄中記」の中でも、
「自分はこの世の園のあらゆる樹木の果実を味わいたい(略)、
 そして実際その通りに世に飛び出し、その通りの生活をした」とある。
ただ、そのあとに、
「私のただひとつの間違いは、園の陽のよく当たる側と思われる木にのみ専念して、
 その反対側を日蔭と陰鬱とのゆえに嫌って避けたことであった」と続く。

この正反対の世界…というのは、ワイルドの人生そのもの。
妻を娶って、子供が二人でき、作家としてノリに乗ってた頃、
「サロメ」の英訳者であるダグラスとの同性愛が発覚し、二年の懲役を受ける。
(ダグラスの父を名誉棄損で訴えたけど、逆に自分が法に引っかかったらしい…)
転落、とはまさにこの事。一年間は涙にくれて過ごし、その後「獄中記」の執筆が行われた。

華々しい生活を送っていたワイルドが転落して「日蔭の世界」を知ることになった。
「獄中記」はダグラスへの手紙という形式になってはいるが、転落した身だからこそ
見つけることが出来た芸術についての真理がつづられている。いわゆる「芸術論」という印象を受ける。

彼は「獄中記」の中で、楽しみや快楽の裏には苦痛・悲哀が潜んでいる、
けれど悲哀の裏には悲哀しかない…、そして悲哀こそが芸術で一番必要なことだと書いている。
それらがダグラスへの未練…と言ってしまえば話はそれで終わってしまうが…。

ただ、キリストを詩人と評し、こんなことも述べている。
「(キリストは)罪と悩みとをそれ自ら美しい聖なものであり、完成の様式でもあると見ていた」。
「罪人は懺悔しなければならない。なぜその必要があろうか。
 そうでないと自分のやったことを切実に知る事が出来えないからという簡単な理由による」
変化のない獄中の生活において、キリストの救いへ芸術論を展開するほどの精神を持っていた…。
そう考えることはできないだろうか。想像もできない転落を経験した人間が、である。

まあ、「芸術について完全になったからには、自分は牢屋に入れられたことを恥に思ってない!」
なんて言いつつ、出獄したら名前変えてますし、内容も「くっそ~!」と負け惜しみ的なところもあって、
倒錯した精神状態で、胸につかえてたものを吐き出したような作品だったのだと思います。
以後の作品でも目立ったものはないですし、才能に比して寂しい死を迎えた天才…という感じ。
時代が許さなかったのでしょう。彼の小説は現代の私たちが読んでも非常に魅惑的ですものね。
若者にウケるのも納得できます。彼の墓は今なお、キスマークが絶えないようです。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

ドリアン・グレイの画像

2009年02月03日 00:37

オスカー・ワイルド』著 西村 孝次 訳 岩波文庫 397ページ

<あらすじ>
ドリアン・グレイは純粋で美しい青年だった。ヘンリー・ウォットン卿に出会うまでは無垢そのものであった。
彼はウォットン卿から青春のはかなさを教えられる。それは余りにも残酷な教示だった。

折しも芸術家から自分の肖像画を譲り受けたドリアンは、その描かれた自分を見て驚愕する。
何という美しさ。ただ美しいだけではない。その姿を見ればだれもが彼に微笑みかけ、すべてを許す美しさなのだ。

「なんて悲しいことだ!ぼくは年をとって、ぞっとするような、見るも恐ろしいものになる。
 ところがこの絵はいつまでも若さを保つのだ。(中略)これが逆でさえあったなら!
 いつまでも若さを失わずにいるのがぼくで、年をとっていくのがこの絵の方だったなら!」

自らの美しさに気が付いてからというもの、ドリアンは生きることに突然、性急になった。
激しい初恋も経験した。そして残酷な罪を犯した。
その夜、家に帰りついたドリアンが見たものは、残酷な薄笑いを浮かべた自分の肖像画だった…!

その後も彼は沢山の罪を犯す。それに引き替え肖像画はだんだんと醜悪になっていく。
見た目には彼は美しいままだった。まさかあんな純粋そうな青年がと言われんばかりの美しさだった。
しかし、本当は繰り返さないからこそ青春は「美しい」のではなかったか。罪は許されるのではないのか?

やがて彼の周りにはよからぬ噂が立ち始める。
最後に自分の罪を悔い、改める時がきたとして、はたして肖像画はどんな答えを出すだろう。
-----------------------------------------------------------------------------
「ドリアン・グレイの肖像」という名前の方で有名かもしれませんね、やはり名作でした。

最後の10ページ、恐ろしすぎます。すごく考えさせられるし、作者が相当深く、罪と罰について考えたんだろうと感服します。
醜いものがあるから、美しいものがある。それが欠けた人間の不完全さが鋭く胸に刺さります。
ワイルドが伝えたかった考えというのは、「罰には浄化の働きがある」という言葉に凝縮されていると思います。

この作品の着眼点のよさ、ユニークさ、共に私的にヒットしました。
「サロメ」などを書いた劇作家で、セリフに重さがあり、この作品のテーマがより引き立ったと思います。
発表したときには大ブーイングを受けたみたいですが、「だからなんだい」と作者は自信たっぷりに構えていたとか。
その気持ちもわからないではない完成度だと思います。
多少、文法的に倒置法が多く用いられていたので読みにくいところもありましたが、内容で充分カバーできると思います。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

サロメ

2007年11月21日 20:47

オスカー・ワイルド』作 福田 恆存 訳 岩波文庫 104ページ

「欲しいものを何でもやろう」こう言われたら、多くの人は何を望むだろう?
美しい月の光が降り注ぐ中、妖美に舞う王女サロメ。
彼女が王に対して求めた褒美は、恋をした相手の首だった。

ワイルドの妖しい魅力を代表する作品。今でこそオペラとかで上演されてますが、
書かれた当時はイギリスで上演できなかったほど。これは確かに背徳的すぎますね~。
内容としては、1時間とかからないで読めてしまう。
非現実的なビアズレーの挿絵が沢山挿入されていて、奇妙にマッチしている。

<あらすじ>
ユダヤ人の王エロドは、自分の兄の妃を娶り、その義理の娘であるサロメにも眼をかけていた。

サロメはある夜、牢獄に囚われていたヨカナーンに出会う。
(ヨカナーンは聖書に出てくるキリストの洗礼をしたと云われる、洗礼者ヨハネの事。
 サロメはユダヤ人の女性だから、ヨカナーンは異教徒である)
ヨカナーンは、物語の中でキリストの出現を預言しており、
周りからは「もしかして、神が遣わした預言者!?」と恐れられていた。

「ああ、ヨカナーン、お前の肌が欲しくてたまらない」異教徒にもかかわらず、彼に恋をするサロメ。
「触るな!バビロンの娘!ソドムの娘!」そして、拒絶しまくるヨカナーン。
(バビロンもソドムも神の怒りに触れた都市)

そこへやってきた王は、サロメに対して踊りを踊ってくれと頼み込む。
初めは拒んでいたサロメだが、「なんでも欲しいものをやろう」という王に、
必ず願いをかなえてくれること約束して、承諾する。

踊り終えたサロメは言う。
「私はヨカナーンの首が欲しゅうございます」
ここらへんで、サロメの狂気度が急上昇!こわあっ!
ついに首は切り取られ、ヨカナーンが自分のものになる。

「ああ、お前はその口に口づけさせてくれなかったね、ヨカナーン、さあ、今こそ口づけを!!」
まだ、生暖かさ残る生首に狂喜して口づけをするサロメ。
「ああ、私はついにお前の口に口づけしたよ!!」
-----------------------------------------------------------------------------
シェイクスピアの名訳でおなじみの福田氏の翻訳とあれば、読むしかないでしょう!
本当に格調高く、かつワイルドの悪魔的な魅惑の雰囲気を損なわずの、パーフェクト名訳。

題材自体は、聖書のマルコ伝からとったものですが、恋、狂気、嫉妬と絡めて、
「悲劇」というストーリー立てにしてしまえるワイルドはすごい。
ワイルドの存命中に上演されることはなかったのですが、「ドリアン・グレイの画像」といい、
まだ、世の中に出すには早すぎた天才だったのかもしれませんね。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。