スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間飛行

2009年05月15日 00:00

『サン・テグジュペリ』著 堀口 大學 訳 新潮文庫 283ページ

「星の王子さま」とはガラリとイメージが変わって、
これがサン・テグジュペリの本来の作風なんだろうなあと思える作品。
「星の王子さま」が有名すぎて、これが埋もれてしまうのは非常に残念。
詩的な美しい文章が私の苦手とするところで苦労しましたが、
これを読まずして、サン・テグジュペリを語りえません。

「夜間飛行」と「南方郵便機」の短編2篇を収録。
個人的には後者の方が好きですが、有名なのは前者ですね。

サン・テグジュペリが生きた時代は、まさに飛行機械の発展期。
1930年にヨーロッパ、アフリカ、南アメリカの三大陸の空路が開たばかりで、
まだまだ商業飛行は生と死を懸けて望む仕事であった。
サン・テグジュペリ自身は幼い頃から飛行士の夢を抱いており、
飛行連隊の経験も得て、郵便飛行業へも従事している。
彼の経歴で有名なのは、リビアの砂漠に不時着した時のことだろう。
飲まず食わずで生死をさまよった4日間は作品に大きな影響を与えている。

「夜間飛行」では一人の操縦士が帰らぬ人となる。
支配人リヴィエールは、その場面へ直面しても厳粛に仕事を遂行した。
彼には冷静に判断する必要があった。飛行をする操縦士以上に、
彼の命令はつらく、責任が重いことを知ったとき、この作品の良さに気づく。

死んだ飛行士の妻がリヴィエールを訪ねてきたとき、
さすがの彼も同情心が揺らぐ。しかし、それは一瞬の出来事だった。
このシーンに関しては、もう非常に詩的で悲しい美しさに溢れています。
そしてまた、リヴィエールは次の命令を下すのだった。愛以上の義務を持って。

先日ジブリ美術館へ行ってきましたが、この本が置いてありました。
宮崎駿氏がカバー装画だったことに、その時気がつきました。
なるほど、大先生がお好きになるのも分かる作品です。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

星の王子さま

2009年01月27日 18:27

『サン・テグジュペリ』著 河野 万里子 訳 新潮文庫 158ページ

挿絵がすっごいかわいい!!
表紙からして、惹かれるものがあります。
一体誰が描いたのかしら?と思ってカバーをめくってみると、作者本人だったのでびっくり。
本文中に、主人公が自分の絵について話すことが多いので、そのイメージを伝えるのに、
自分で書いちゃえ~てな感じだったんでしょうか。

主人公の少年が飛行機で砂漠に軟着陸し、途方に暮れているところに
不思議な少年が現れていろいろなお話をする。。。
少年は違う星からやってきた王子さまらしい。
その星はとても小さくて、夕陽を見ようと思えばいつでも見れる。

王子さまがどうしてその星を後にしてきたかというと、
どうやらその星に咲いた一本のバラの花と折り合いが合わなくなったかららしい。
地球にやってくるまでには、6つの星を旅してきた。

1番目の星には王様がいて、なんでも命令しないと気が済まない。
2番目の星には大物気どりの男がいた。
3番目の星には酒びたりの男。
4番目は足し算ばかりしている実業家。
5番目はガス灯の点灯人。でも、星が小さくて回るのが早いから、
1分おきにつけたり消したりしなくてはいけない。
6番目は地理学者だったけど、一度も自分の足で土地を見に行ったことがない。

王子さまは、こうしていくつもの星で変な大人たちを見てきた。
そして、最後に地球にやってくる。
地球でもいろいろなものに出会ったけれど、
そこで大切なものは何か、気がつくのでした。

絵本には教訓が含まれているけれど、それは多くが「大人が読むべき」ものだったりする。
この話も例外にもれない。押しつけがましい伝え方ではなくて、
ファンタジックなストーリーの中で、時折はっと気がついたりする。

本編にあふれる挿絵が本当にかわいらしい。
文庫ではあるけれど、絵本として子供に読ませることもできる。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。