スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドグラ・マグラ 下

2009年07月31日 21:13

『夢野久作』著 角川文庫 382ページ

「これを書くために生きてきた」
10年あまりの推敲を重ねて完成されてた本作。
これを読まずしては夢野久作を語れないであろう集大成。

今年2009年の「角川文庫 夏の100冊」にも入ってますね。
上巻を読んで、しばらく時間が空いてたので、内容忘れてました…イケナイ…。
読むなら一気に読んだ方がいいかも。話がヤヤコシイので、忘れます。
上巻参照→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-267.html

んー…正直に申しますと、宣伝文句ほどの奇書でもなかったように思います。
この作品の主眼になっている「心理遺伝」の内容は、たしかにユニークで、
「常人には考えられない」と言われれば、そうかもしれません。

一つ一つの細胞には、それぞれに記憶があり、
そして先祖から受け継がれてきているのだ。
人間が意識がないのに夢遊をしたりするのは、これが原因。
つまり、現代通説になっているようなのとは違い、脳髄はものを考えるところに非ず。

主人公を材料にした、二人の博士の化学実験、代々、男を狂人へと変えてしまう絵巻物の謎、
推理小説と云えばそうかもしれないけれど、到底そのカテゴライズで収まるものではない。
記憶喪失の主人公が、自分が誰か分かったときに、すべてが解決するものだと思っていたら、
「ん?なんだかよく分からんうちに終わってしまったぞ…」というような気持ち悪い感じ。

分かったようで、分からない。
表紙の異様さや、各方面の称賛の言葉を、まともに受けて読んだら、
違う印象を受けることになるでしょう。ただただ、異様。それにつきるのみ。
この内容で、ここまでひっぱる必要もなかったのではないかな、と。

読みにくさが最大の難点。
「晨(アシタ)に金光を鏤(チリバ)めし満目の雪、
 夕には濁水と化して河海に落滅す」
こういった参考文献的部分に関して、いやぁ骨の折れること。
さらーっとなら読めるけど、頭に入れないことには真相が分からない…難儀なことで。

根気よく、じっくりと、そして内容を忘れないように(笑)、
夢野久作ワールドに浸るのも楽じゃありません。
彼の作品を読む時、最初の一発目に「ドグラ・マグラ」はキツイです。
「人間腸詰」など、いかがでしょうか。
参考→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-253.html


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

ドグラ・マグラ 上

2009年01月30日 18:55

『夢野久作』著 角川文庫 324ページ

一人の精神病患者が、白い部屋で目を覚ます。
自分が何者なのか。今はいつなのか。ここはどこなのか。
一向に判らない。隣の部屋からは自分の許嫁だという少女の叫び声…。

日本三大奇書といわれる本作の最初のシーンだ。
ここからしてすでに普通の推理小説とは違うな…という印象。

自分が何者であるのか、それを思い出すことによって「ある実験」が成功するという…。
つまるところ、その記憶喪失の男はある教授の実験材料として、
今の状態におかれているらしいのだが、すでにその教授は自殺しているとのこと。
そして、その教授の残した論文や遺書などをもとに、記憶の回復を試みる…。

一体何が思い出されるのか。
拍子に負けず劣らずの異様な雰囲気をかもしつつ、私たち読者も
その論文や遺書を読んでいくことになるのだが…。

その内容はたしかに、普通の人間には思いつかない。
夢想家というに相応しい。多少難しくしつこい内容に取れるところもあるが、
上巻の段階ではなんとも評価しがたい。
「キチガイ地獄外道祭文」、「脳髄論」、「胎児の夢」など、
精神科学研究の内容考察がいろいろ出てくる。タイトルからして異様。
…そして、内容も異常。文章の表現が独特なためか、いっそう薄気味悪さは増す。

「狂人の書いた推理小説」、「読んだら一度は精神に異常をきたす」という宣伝文句ですが、
この段階ではその評価には届かないかと思います。
夢野久作氏は、私的には推理小説以外の作品が評価が高いので、
この作品でその見方が変わるかどうか興味深いです。

以降、下巻へ期待…といったところでしょうか。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

人間腸詰

2008年12月17日 22:33

『夢野久作』著 角川文庫 250ページ

アメリカはセントルイスで開催された大博覧会。
大工の治吉は、そこで日本の専売「台湾烏龍茶」の売り子をするため渡米した。
そこで出会った支那人の美少女に出会う。
その美女はこちらに流し目を送ったり、しなを作ってみたりと、どうも治吉に気がある様子だ。

ある夜、治吉は外出禁止の命令を犯して、その美女ついていく。
到着したところは、アメリカでも指折りのギャング、カント・デックの館だった。
大工として腕のいい治吉に目をつけたのは、その技術をもってして
錠前を使わずに開ける箱を作り、その開け方を自分にだけ教えてもらいたいがため…である。

これはクサいぞ…と思った治吉は、その頼みを拒否するが、
カント・デックは帰してくれそうもない。大きなソーセージ製造機械を目の前にして治吉に迫る。

「あなた、この中に入ること好きですか?」

こういう類の話はよくあるけれど、夢野久作のは締め方がうまい。
気持ち悪っ…で終わらせるのではなくて、薄気味悪っ…って感じ。
ドグラ・マグラという代表作もあるので、推理小説家だという印象がありますが、
私にはどうも、それ以外のジャンルの方がクオリティが高い気がします。

この本にも8本の作品が収録されていますが、そのうち3作が推理物。
読んでみると、やっぱり「人間腸詰」よりかは劣る気がします。
タイトルが「人間ソーセージ」なだけに、どうしても第一印象が強くなってしまうからか。
しかし、晩年に書かれた「戦争」なんかは、グロテスクを通り越して、
むしろ人間の心理が怖っ!!って感じました。

「人間腸詰」も、グロテスクはグロテスクなんですが、それだけの小説なら
あんまり面白くないのではないかと思います。
夢野久作は狂人だとよく言われてますが、人間の奥底の心理、
その怖さを表現できる作家だからではないかと感じます。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。