スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小公女

2009年12月10日 23:45

バーネット』著 川端康成野上彰 訳 角川文庫 294ページ

まず、訳者にびっくり。昭和33年の初版です。今は新潮のがメジャーでしょうか。
別に、TBSでドラマが始まったから読みたくなった訳じゃありません。
イジメ、恋愛…面白味を出しやすい素材を前面に押し出してる印象を受けるので、なんか違うなと(笑)。

<あらすじ>
公女のように裕福な家庭に育ったセーラ・クルー。
彼女の母親は小さい頃に無くなり、大尉の父親とインドで生活をしていた。
物語は、セーラがロンドンのミンチン女子学院に入学するところから始まる。

大金持ちの令嬢とあって、寄宿舎では特別待遇を受け、それを妬む人もいたが、
想像力豊かで面白く、誰にでも優しく接するセーラは学校中の人気者だった。

しかし、11歳の誕生日に突然、父親が死んだ事が告げられる。
父親のクルー大尉は、ダイヤモンド鉱山の事業に失敗し、全財産を無くして死んだのだ。
セーラの生活は一転、屋根裏部屋に住まいは移され、召使いとして働くことになる。

毎日がつらく、叱りつけられたり、あざけりを受けるセーラ。
しかし、彼女の想像力はつらい日々の生活に負けず、自分が小公女のつもりになったように、
激昂せず、罵られても丁寧に受け答え、優しさを忘れないようにふるまうのだった。

ある時、隣の家にインドから紳士が引っ越してくる。
この富豪はセーラの父親とダイヤモンド鉱山を共同経営した友人だった。
父親は死んだあと、鉱山は一転して成功し、セーラの財産は何倍にも増えていたのだ。
インドの紳士は、そんな事を露とも知らずに生活しているであろうセーラを捜し求めていた。
運命は二人を引き合わせた。セーラは父親の友人に引き取られ、再び幸せを手にしたのだった。
---------------------------------------------------------------------------------------
書く事がないくらい、有名で、王道な話ですから、ちょっとイヤラシイ角度で感想を書いてみます。

この作品は使いやすい。子供向けにも、大人向けにもすることができる。

まずは「理想像」に仕上げる事ができるセーラ。
どんなに理不尽な怒られ方をしても、「公女はこうあるべき」という信念に基づいて、
常に凛々しく、腹を立てることをせず、怒っている相手ではなく、自分の憎悪との戦いをする。
そんな事が11歳まで、夢のような生活をしていた女の子にできるはずは無い。
子供の教訓小説としてなら、この「理想像」が一番わかりやすくていい。
しかし、世の大人が読むには「ホントに、こんな事が出来るかな?」と穿ってしまう。

この学校の経営者、ミンチン先生はセーラを学校の評判のために、おだてにおだてる。
実費で誕生日のパーティーやプレゼントを用意し(父親の破産で、その立て替えたお金は返ってこないが)、
父兄たちの前ではセーラにフランス語を朗読させたり、行進のときには一番前に立たせたり。
このミンチン先生の姿は、経営者として「あたりまえ」で、当然の行動。
ミンチン先生は作品の中では「悪者」の役柄だけれど、これが現実世界では「普通」。
むしろセーラの人間離れした、年齢にふさわしからぬ振る舞いに違和感を覚える。

そこを埋めてくれるのが「人間味」のあるセーラ。
人形を投げつけて、「お前なんかただの人形だ!」と八つ当たりをしてみたり、
意地悪をいうクラスメイトを、思わず殴ってみたくなったり、
こういうシーンが入ることで、セーラがぐっと身近になる。
父親が死んだと知る直前に、クラスメイトと交わした会話が、印象的。

「あんたがこじきで、屋根うらに住んでいるとして、それでも空想をしたり、何かになったつもりになれて?」
「もしこじきなら、なおさら、いつも何かを空想したり、何かになったつもりでいなきゃ、ならないわ。
 でも、そんなにやさしいことじゃ、ないでしょうけど」

世界名作劇場」の「小公女セーラ」なんかは、前者の「理想像」部類に入り、
原作は後者として読むことができるが、詰まる所どちらがいいのかと言えば、もちろん後者。
完璧は違和感を覚える。反対に、不完全さゆえに読者は共感を持つ事が出来る。

私に、この考えがふっと浮かんだのは、作者バーネットの
「一生涯わたしの作品が、売れなかったためしはない」という晩年の言葉による。
およそ小公女を書いた作者が言ったセリフとは思えない印象を受け、
人は分からんものだなあ…と、作者のミンチン先生的な一面を見たかなと感じたもので。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。